一般的な夫が求める家庭像とは

結婚する前は多くの人が理想の家庭像というのを描きながら結婚します。しかし、実際にその理想通りの家庭を築こうと思ったら夫婦ともに大変な努力が必要になってきます。その努力ができずに日々理想と現実に苦しみ、不満を抱えている夫婦も少なくないのが実情です。特に最近は共働き家庭が主流になってきており、妻もフルタイムや正社員で働いていることが珍しくありません。仕事に家事に育児に手一杯という女性がたくさんいるのです。そんな妻たちに夫は妻としての役割も当たり前のように求めるのです。仕事で大変な思いをしているから家庭では癒やされたいと思う夫は多いものですが、妻としてはそこまで手が回らずにストレスだけが蓄積していきます。最近の夫は共働きを希望する人も多いですが、その一方で家に帰ればきれいに掃除された清潔な住まいや温かい手料理、自分に感謝し、自分を立ててくれる妻を求めているのです。すべてを完全にこなすことなど働いている妻にはとても無理なことです。夫婦ともに家事や育児などは極力分担し、お互いの負担を軽くできるよう思いやることが大切です。一昔前の専業主婦家庭を妻に求めず、いまある家庭を否定することなく生活することを心がけましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。