結婚して独身時代が懐かしくなる時

結婚してしばらくすると、独身時代がとても懐かしく感じるものです。特に懐かしさを感じる時は、今までは自分一人で自由に使っていたお金が自由に使えなくなった時です。妻が専業主婦だったりすると、ますます自分で使えるお金は少なくなります。その上、妻の金使いが荒いと離婚も考えてしまう場合もあります。また、妻がかなりの節約家の場合も独身の頃に戻りたいと思ってしまうものです。給料は全て自分だけで使えて、飲み会も好きなだけ行けて、欲しいものがあれば迷うことなく買っていた自由な独身の頃が天国のように感じてしまうのです。もちろん、妻が貯金をしてくれている場合はとてもありがたいことなのですが、どうしても生活に差がありすぎるため、独身の頃を懐かしい気持ちで思い出ししまうのです。また、子供ができるとますますお金に対して厳しくなる奥さんは多いです。金銭面でしっかりしている奥さんはとてもありがたいですが、あまりにもストレスがたまるほどきっちりされるのそれはそれでイライラするものです。少しでもいいから、お小遣いを増やして欲しいと思うのも普通のことですし、あまりにも使えるお金がないと飲み会にも参加できなく、上司との関係も悪くなってしまいます。

コメント

コメントを受け付けておりません。