帰宅してもご飯が無い

夫が離婚を考える理由の一つとして、帰宅してもご飯がないということが挙げられます。最近は、夫婦共働き世帯も増えてきており、主夫という用語も登場しています。しかし多くの男性は、女性は家の用事をするのが当たり前という概念が今でも残っているようです。一般的な夫が求める家庭像とはどのようなものなのでしょうか。
夫が妻に求めるものとして、食事の用意が挙げられます。家事を役割分担している家庭においても、炊事は妻の担当である場合が多いようです。最近は、外食・中食産業が発達し、家で調理しなくても食べ物に困らない時代となりましたが、やはり妻の手料理は、多くの男性にとって魅力的のようです。
帰宅してもご飯がないという現象は、夫にとってストレスとなるようです。帰宅の遅い夫を寝ずに待っておくことが難しい場合は、置き手紙をして食べるものを置いておくだけでも、夫の気持ちは大きく違うようです。もちろん妻が外で働くことを良いと思っている男性もいます。ですが多くの男性は、女は外で働くよりも家のことをきちんと、特に食に関する家事をきちんとしてくれることに、好感を持っているようです。離婚の危機に発展しないためにも、このことについて夫婦でよく話し合ってみてはいかがでしょうか。

コメント

コメントを受け付けておりません。