夫のお小遣いが少ない

結婚してお財布が一緒になると、やはり出てくる問題です。
夫婦共働きで、お財布は別というカップルにとっては関係のない話と思われますが、出産や親の介護など、突然やってくるライフスタイルの変化で、この話がいつ他人事でなくなるかは分かりません。
家計と相談しつつお互いが納得できる額を決めるのが理想です。
一般的に、手取りの1割位と言われます。
しかし、どこまでを賄うのかで同じ金額でも感覚も大きく変わってきます。
家庭を持つ前は、自分のお給料は全て自分の好きなように使えていたのか、結婚したら自分の好きになるお金はお小遣いだけになります。
独身時代の方が良かったと思われないように、結婚して家族を養っていくヤル気を削がない為にも、夫婦でよく話し合いお互いが歩み寄れる額で決めたいものです。
ライフスタイルの変化で金額の値下げを余儀無くされることも、また同じ金額で賄うのものが増えることもあるでしょう。
そんな時、妻は当たり前にそして一方的に金額の通告をするのでは無く、日々の仕事への感謝や労いの言葉をかけつつ、今の家計の事情をよく説明して値下げ交渉をすると上手くいくかもしれません。
もちろん夫側も柔軟な譲歩の姿勢が大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。