専業主婦で決して自分からは働かない

結婚する当初は、これからの生活についての話し合いを持つことになります。
この時、結婚後は専業主婦で生活を送ることにお互いが納得していれば特に問題はありません。
とくに、子供を産んだ後には子育てを行う必要もありますので、その点を考えて妻には家にいてもらいたいと希望する男性も多くなってくるでしょう。
ただし、結婚前に共働きで生活を送ることを条件にしていたり、子供を産まない条件で結婚していた場合には、話が変わってきます。
子供の面倒を見る必要がなかったり、お金の面が足りないため共働きを選択したにも関わらず、妻が働かなければ、家庭にかかる費用も捻出できなくなってしまいます。
また、働かないどころか、毎日ランチを食べに行ったりブランド品を購入するなど散財しているようですと、生活費を稼がないのに出費ばかり多くなってしまいます。
女性によっては、自分は仕事に就かないのに、夫の収入が少ないと文句を言う方もおり、この場合何のために結婚したのかわからなくなってしまいます。
自分自身で収入を得ようとせず、夫に世話になることばかり考えている妻と生活を送っても、夫側には何の得もありません。
この場合には、無理に結婚生活を送ることなく別の道を模索したほうがよさそうです。

コメント

コメントを受け付けておりません。