四六時中イライラしている

一般的に男性はどのような家庭像を求めているのでしょうか。そして、夫が離婚を考えてしまう家庭というのはどのようなものでしょうか。具体的な例を挙げながら検討してみましょう。一般的に男性は家庭の中に安らぎを求めるものではないでしょうか。妻に家庭にいてほしいと望む男性がいまだに多いのは、仕事で疲れて帰ってきたときに家庭の中でやすらぎを見出したいと思うからでしょう。そうした中で、例えば妻が子供をめぐっていつもイライラしていたらどうでしょうか。やすらぎを見出したいと夫は願っているにもかかわらず、妻はいつもカリカリと苛立っていて、それを受けて子供も落ち着きを失っていたとしたら、夫にとってはやすらぎを見つけることはできないでしょうし、そうした妻や子の姿を目にしたくないと思ってしまうでしょう。こうした苛立ちが四六時中続いているとしたらなおさらです。無論妻がそういう状態になるのは夫にも原因がある場合がほとんどですから妻だけを責めるわけにはいきませんが、夫の目から見たらそうした家庭は離婚したくなるということなのです。もしあなた方の過程がこうした状態にあるとしたら、一度お互い冷静になってどうしたらよいのか現実的な対策を話し合ってみることをおすすめします。

コメント

コメントを受け付けておりません。